始めに

近年の税法改正の内容は、特に適用要件等が複雑になっており、また、節税面の範囲がせばめられてきています。税法に馴染みが薄い多くの一般サラリーマンの方におかれましても、下記の税金に係る機会が増えてきます。そして、税法の知識不足のために不測のリスクが、今後ますます高まってくると思われます。リスクの最小化に努めることは肝要であり、多少なりともサポートすることが当事務所の使命と思っております。

お知らせ

12月のお知らせ

 1.12月中の主な納付等
   (1)固定資産税の納付(第3期)
   (2)令和3年分年末調整

 2.来月1月中の主な納付等
   (1)源泉所得税の特例納付(1月20日)
   (2)償却資産税の申告(1月31日)
   (3)法定調書の提出(1月31日)
   (4)給与支払報告書の提出(1月31日)
   (5)個人住民税(第4期普通徴収)

ニュース